愛媛のテロワールにこだわった
新しいえひめの酒
来春誕生します。

愛媛のテロワールにこだわった
新しいえひめの酒が来春誕生します。

お知らせ

2022.10.18 プロジェクト発表会を開催しました。

TOP

プロジェクトについて

えひめ香る地酒プロジェクトとは?

産学官連携で新たに開発したオリジナル清酒用花酵母「愛媛さくらひめ酵母」を使って、愛媛の歴史ある蔵元が地元の人たちに、ぜひえひめの酒を飲むきっかけにしてほしいという思いで、愛媛の米と水で醸造する、「愛媛の、愛媛による、愛媛のための」日本酒プロジェクトです。2023年3月に22の蔵元から一斉に発売し、愛媛県内をはじめ全国や海外に愛媛の地酒の魅力を伝えていきます。

また、本プロジェクト参加商品の売上の一部は、愛媛県酒造組合を通じて「子どもの愛顔応援ファンド」に寄付され、地域の子どもたちの育成に役立てられます。愛媛の酒の未来の飲み手となる子供たちを応援するというのは、酒造メーカーとしても新たなチャレンジとなります。

えひめ香る地酒ガイドライン

  • 使用酵母:愛媛さくらひめ酵母(4タイプからから選択)
  • 製造場所:愛媛県内で醸造
  • 仕込み水:愛媛県内で採取された水
  • 原料米:愛媛県内で生産された米
  • 精米歩合:60%以下
  • 製法品質:純米・純米吟醸・純米大吟醸クラス
    アルコール添加なし、火入れ酒に限る

参加蔵元

蔵元

さくらひめ酵母について

愛媛さくらひめ酵母

EHIME SAKURAHIME YEAST

可憐な花から生まれた
食に寄り添う4タイプの清酒用花酵母

旨味とやさしい口当たりが特徴と言われる愛媛の地酒を、今の時代にあった魅力的なものにするため、愛媛県酒造組合・東京農業大学・愛媛県の産学官共同研究により、愛媛県オリジナル品種の花「さくらひめ」から分離された清酒用花酵母。瀬戸内海と宇和海という2つの海をはじめ豊かな自然に囲まれた食の宝庫ならではの、食材や料理とのペアリングを重視して、香りと味わいの特徴が異なる4タイプの酵母を選定しました。
四国山地の伏流水とその水で育った米、そして可憐な「さくらひめ」の花から生まれたこの酵母で醸された「えひめ香る地酒」をお楽しみください。

【各タイプの特徴】

ロゴマーク
サブネームTropicalClearWell BalanceRich
特徴 果実を感じさせる華やかな香り。適度な甘さと爽快な酸味との調和がとれている。華やかな気分になりたい時に。 スッキリと柔らかな酒質できれいな味わい。穏やかで控えめな清涼感のある香りが食欲をそそります。 メロンやパインを感じさせる香りと、酸味がしっかりとして、程よい甘味とよく調和している。楽しみ方もいろいろ。 ふくよかな香りに、はじけるような爽やかな酸味が特徴。気品高く、丸みを帯びたまろやかやな味わいでゴージャスな気分に。

【食とのペアリング例】

  • 開発ストーリー

    開発の経緯

    酒類製造業は地場産業の中核として、飲食や観光産業と深く結びついて、地域経済を支える重要な産業ですが、新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛や時短営業などの影響により、酒類需要の半分程度を占める飲食店の利用者が激減したことから、大きなダメージがありました。それは愛媛県も同様です。

    愛媛県は四国の中でも最も多い、36もの個性豊かな蔵元があり、隠れた地酒どころとして日本酒ファンに親しまれています。そこで愛媛県酒造組合が、アフターコロナを見据えて「愛媛テロワール」を実現しようと、日本有数の日本酒研究のパイオニアである東京農業大学 応用生物科学部醸造科学科と、愛媛県食品産業技術センターとの産学官の共同研究を行いました。その研究の結果、愛媛県オリジナル品種の花「さくらひめ」から、4種類の清酒用花酵母「愛媛さくらひめ酵母」を分離培養することに成功しました。